太陽光発電情報SP

太陽光発電情報SP

このサイトでは太陽光発電に関するお役立ち情報をご案内しています。
<太陽光発電情報SP>をまずはブックマーク登録しておくと便利です。世界中で注目されている太陽光発電は、そのクリーンさと気軽さから一般的に続々と設置をしています。
是非貴方のご自宅にも太陽光発電を設置して、安全な電気のある生活を実現してみてください。

 

世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。

 

太陽のエネルギーを十分に生かすことで電力を確保することの出来るのが太陽光発電となります。
太陽光発電によって、停電時対策や地球温暖化対策にも有効的となるのです。






脱毛 池袋、今すぐアクセス
脱毛 池袋をcheck!
URL:http://datumou-chihou.com/ikebukuro/



太陽光発電情報SPブログ:2019年02月23日
幼かった女の子が大好きだったもの、
それはぼくの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだって女の子はぼくの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついぼくの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある晩のこと。
いつも女の子の右側で寝ていたぼくは、
たまたま左側で眠っていた。

女の子が動く気配で目が覚めると、
女の子が右側にいる主人の方に転がっていくのが目に入った。

そして主人の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、女の子の手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわててぼくの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

女の子は、ぼくと主人をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきった女の子の寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

女の子に耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、母としての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、女の子はぼくの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある晩、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
女の子の指がふと離れた。

そしてそれ以来、
女の子の指がぼくの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になった女の子は笑う。

それでも、ぼくは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…


 
太陽光発電情報SP モバイルはこちら