注目が集まっている太陽光発電

東日本大震災が発生した以降、停電による様々な影響により電力の重要性を再確認された人も多いかと思います。
エネルギーを自分の家で作ることが出来れば、経済的にも助かると考えている人が多くなってきているのです。

 

太陽光発電は、太陽光エネルギーを電力に変換する発電方式であり、ソーラーシステムとも呼ばれています。
メンテナンスが容易であり、太陽光が当たる場所でしたら設置することができ、設備も耐久性があることから人気が高くなっているのです。
発電方法にもいろいろありますが、その中でもさらに注目が集まってきているのが太陽光発電なのです。
今考えられる家庭用発電システムで最も現実的なのが太陽光発電であり最近では安価で購入することが出来るのです。 太陽光発電に対して「高くてとても手を出すことが出来ない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし補助金制度を利用することによって初期投資をある程度抑えることが出来るのです。



注目が集まっている太陽光発電ブログ:2018年09月06日

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「11時12:00が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
あさAM9時ごろにあさ食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「12:00になったら11時食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
12:00になったら食事がしたくなるのです。

3:00のおやつもしかりです。

午後1時近くまで食事をしていたのなら、
午後3:00は食事後120分程度しか経過していません。
120分程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3:00の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなヒレかつ定食の看板を見る
・飲み会の後は味噌ラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

シェイプアップをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。