高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット


高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
太陽光発電は電気代の削減や地球温暖化対策などといったメリットだけではありません。
補助金や電力会社への売電制度も存在していますが、システム導入時の費用は非常に高額なものとなるのです。

屋根の角度や日照時間などなど、太陽光発電に適している場所でないと、一定の電力を確保することは困難となります。
これは見積もりをもらうことである程度把握することが出来ますので、予め調べてみるといいでしょう。
太陽光発電を購入した時の補助金などは後で戻ってきますので、導入時にはある程度まとまった金額が必要となります。
さらに太陽光発電システムには、環境条件も重要であり、日によって発電量も異なってきます。 停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。




高額な初期費用と不安定な発電量がデメリットブログ:2018年09月07日

僕がまだ小学校二年生の時、
普段無口なお父さんが珍しく
僕を花火大会に連れて行ってくれました。

それまで、
お父さんと二人だけで出掛けた事はなかったと思います。

たち並ぶ夜店に僕の視線は奪われっぱなし…

もし一緒にいたのがお父さんでなかったら
「あれがほしいこれがほしい」と、
店の前で地団駄を踏んでいたはずです。

でもお父さんの前ではなぜか
それが出来ませんでした。

しかし、グッと堪えていた僕の足を
ピタリと引き止める物に出会ってしまったのです。

それは、
赤や青 黄色に緑…と着色されたヒヨコでした。

目を輝かせ一心不乱に見つめていた
僕の心の声が聞こえたかのように、
お父さんはニッコリ笑って言いました。
「何色が良い?」
僕は緑のヒヨコを買ってもらいました。

僕は一生懸命ヒヨコの世話をしました。
ヒヨコは大きくなるにつれて色はなくなり、
普通の鶏になりました。

それでも飽きることなく
僕は世話を続けました。

そしてある6時、
僕が鶏小屋に行ってみると、
小屋の隅に真っ白な卵がありました。
嬉しくなった僕は卵を手にみんなに見せて回りました。

「お前が頑張って世話をしたから産んだんよ」
そう言って、祖母が卵かけごはんを作ってくれました。

それまで食べていた卵かけごはんに比べると、
甘味があって、最高に美味しく感じたのを覚えてます!

数年後、
祖母が亡くなって10日ほどが過ぎた夕方飯のときでした。

卵をたった一つしか産まないまま、
近所の養鶏所に引き取られて行った…
あの緑のヒヨコの話しになりました。

お父さんは言いました。
「夜店に売ってるヒヨコは全部オスだから卵を生むはずがない」
僕は驚きました!

あの日の卵は
一生懸命に鶏の世話をし続けた僕を悲しませまいと、
祖母がこっそり置いてくれたものだったのです。

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP