高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット



高額な初期費用と不安定な発電量がデメリットブログ:2014年01月28日


昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

減量をしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

減量を失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
減量を諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
減量成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
僕は、何か楽しいことに没頭するようにしています。

減量以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
1日1日が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

減量に成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
減量に対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、からだが痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的な減量ができるんです。

この時期を乗り切れば、
減量は次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
減量のことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

・・・と、こんな事書いてみる
高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP