高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット



高額な初期費用と不安定な発電量がデメリットブログ:2014年06月10日


誰でもできる簡単減量として
一時期話題になった6時バナナ減量ですが…
落とし穴があるって知ってましたか?

6時バナナ減量は
多くの人が実践しているようですが、
成功した人もいれば、失敗したという人もいます。

6時バナナ減量で失敗した人は、
落とし穴をちゃんと理解していなかったんだと思います。

簡単で安上がりな6時バナナ減量の
落とし穴といわれているのが、バナナに飽きちゃうという点です。

実際、
6時バナナ減量を実践した人ならわかると思いますが、
連日6時バナナを食べ続けるのって、
意外と苦痛なんですよね。

そうなるとだんだんバナナを食べなくなって、
減量を挫折してしまうという結果に…

もう一つの6時バナナ減量の落とし穴は…
バナナって腹の持ちが良い感じもするんですけど、
実際は消化が早いので、
すぐに腹がすいてしまうという点です。

6時バナナと水だけだと、お昼食まで持たないので、
意思が弱い人なんかは、つい間食をしてしまうなんていうことに…
そうなるとせっかくの減量効果も
台無しになってしまいます。

もし空腹を我慢できてもストレスとなってしまい、
反動でおお昼に食べ過ぎちゃうなんて事にもなりかねません。
これこそが、6時バナナ減量の落とし穴といえますね。

やっぱりいくら簡単でも、
同じ食品を食べ続ける食べる事制限の減量って、
継続することが難しいという落とし穴がつきもののようです。

よほど強い意志を持って取り組まないと、
6時バナナ減量で成功できないかもしれませんね。

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP