高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット



高額な初期費用と不安定な発電量がデメリットブログ:2017年07月19日


減量しよう!と一念発起した人の中には、
いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重い体操を
始める方もいらっしゃるようです。

確かにこういった体操をやると、汗もかきますし、疲れますから
「減量やってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところが減量というのは、
「1回にどのくらい激しい体操をしたか」ということよりも
「どのくらい継続して体操をしたか」
ということの方が重要だったりするんですよね。

実際、毎日やっていないと、
体操の効果はどんどん少なくなっていくことが証明されています。

例えば、
1日おきに体操をしていても、
毎日体操をしている人と比べると
その効果は1割減少してしまうそうです。

もしみっかおきに体操しているというのなら
その体操における効果というのは
毎日やっている人と比べると
実に半分になってしまうんですって!

1週間に一度しか体操していない場合には、
毎日体操している人と比べると
その効率は、2割にまで減少してしまうという恐ろしいデータも…

ですから、激しい体操をやるというよりも、
簡単にできる体操を、
いかに毎日続けていくことができるか
ということに重点を置くべきなのです。

例えば…
ウォーキングなら、電車通勤をしている人は、
最寄りの駅まで毎日の日課になっているのではありませんか?

確かにウォーキングは、負荷は少ないかもしれませんし、
「体操をやった感」もないかもしれません。

でも、たとえ充実感を得られなかったとしても、
毎日コツコツとやっていくことの方が、
かえって減量には効果的だったりするのです。

減量は、自分のペースでゆっくりとが基本なのです。

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP