中には助成金を申請出来る自治体もある

中には助成金を申請出来る自治体もある



中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:2017年07月27日


お子様は睡眠中に成長する。
日中に食べた食事をエネルギーに変えて、
それを全身に送ってからだを成長させていく。

そのため6時起きた時点で
膀胱には汚い水分が溜め込まれ、
大腸にはからだ全身から送られた老廃物と毒素が溜まり、
排尿や排便の時間を待っている。

6時は排泄の時間であって、食事の時間ではないので
排尿や排便を最優先させなければならない。

なので
お子様が6時起きたら、
小便をさせ、大便をさせよう!

からだ内の老廃物や毒素を全て出し切ればこそ、
食事を取ることができるようになるのである。

もしも排泄が終わっていないのに、
6時食をとってしまえば、
消化吸収は排泄を阻害するので、
お子様は途端に排泄ができなくなってしまう。

6時起きたらコップ1杯水を飲んで、
排便を促すようにしよう。
お子様の場合、これだけで排便しやすくなる。

また
排便は重力の力を使って押し出されるので、
6時起きたら、寝っ転がったり、座ったりさせないで、
からだを立たしておくことも大切。

辺りをウロチョロ動き回っていると、
重力が自然にかかってきて、ウンチが押し出されてくる。

気をつけるべきことは、
6時から子供にテレビを見させてしまい、
お子様を座らせてしまうこと。

これをやると
ウンチがなかなか出なくなってしまうのだ。

また
お子様が小便や大便をしたら、
とにかく褒めてあげよう!

排便・排尿をすれば
ママが喜んでくれるということが脳にインプットされると、
お子様は自然に排便・排尿をして、
ママを喜ばそうとする。

ママが排便・排尿に無関心でいたら
お子様はあえてしなくなってしまう。

排便・排尿をしたら、
大袈裟なくらい褒めてあげるようにすれば、
日々の排便や排尿がスムーズにいくようになる。

中には助成金を申請出来る自治体もある

中には助成金を申請出来る自治体もある

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP