まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進

まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進



まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進ブログ:2013年12月11日


今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

私が中学生のとき、
パパは大きな交通事故に遭いましたね。

1ヶ月近い意識不明状態で治療法もない中、
突然意識を回復して周囲を驚かせました。
脳に大きなダメージがあったにもかかわらず、
後遺症もなく奇跡の社会復帰を果たしました。

職場には定年まで勤め、
これから自由に過ごせると思った矢先に脳腫瘍。

第二子を出産直後だった私は
手術に駆けつけることもできませんでしたが、
無事成功してこちらも後遺症なく回復しましたね。

甘い物、辛い物、脂っこい物、そしてお酒が大好物。
脳腫瘍の手術後に禁煙するまでは若いころからヘビースモーカー。
トレーニングは大の苦手でテレビが大好き。
遅寝遅起きの夕方型生活。

たぶん健康にまつわる話題は大嫌いでしょう。
そんなあなたは、永遠に元気なパパでいてくれるような気がします。
喜寿をやすやすと超え、後期高齢者という言葉に大憤慨し、
不景気を憂えながら今日もがんばっています。

でもパパ、
本当はあなたが永遠の命など持っていないことを、
私はちゃんと知っています。
いつか別れが来ることを知っていながら、
不死身だなんて言ってみたいのです。

パパ、あなたの大嫌いな「健康」の話をしますよ。
ちょっと我慢して聞いてくださいね。

ほんの少しでいいから、健康を考えた生活をしてください。
パパと過ごせる時間は、本当は永遠なんかじゃない。
きっとあと少ししかない…

その残された時間を、できる限り大切にしたいのです。
心配ばかりかけてきた息子に、
まだまだこれから親孝行させてくださいね。

今日は、ここまで。
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進

まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP